ホーム > 会長挨拶
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

会長挨拶

大阪西北ロータリークラブ
第50代会長 尾下千明

わがクラブは今年度で創立50周年を迎えます。
輪をつないで50年。共に歩く幸せな未来。

  輪とは大阪西北ロータリークラブの会員の輪。クラブと支援される人の輪。クラブと地域の輪。クラブと社会の輪。そして、ロータリーのロゴマーク、歯車の輪。輪はこれら全てを象徴しています。その輪をつないで、先人たちが歩いてきた50年。その伝統の上に、共に手をつないで拓いていく未来は希望に満ちている。
 これが創立50周年記念事業のテーマであり、今年度のテーマでもあります。
創立50周年記念事業は来し方に感謝し、未来に飛び立つにふさわしい、記念すべき奉仕事業と記念式典となるよう50周年記念事業委員会を中心に推し進めてまいります。 クラブ行事におきましては、出席したくなる例会を目指して例会の仕組みを少し変えてみたいと思います。また、親睦につきましては50年の節目にふさわしい付加価値の高い親睦旅行、忘年会を企画して思い出に残る一年を実現できればと考えております。
一方、創立から50年を経て、受け継いできた歴史や伝統は重いものでありますが、守り続けなければいけないものと、時代に合わせて変えて行かなくてはならないものがあるようです。 私は1983年(昭和58年)に入会させていただきましたから、ロータリー歴35年になります。その間、居心地のいい我がクラブの中でのんびりと楽しく過ごさせて頂いて参りました。ですから私が入会したころのロータリーがゆっくりと大きく変化していることにほとんど気づきませんでした。茹でガエルの例えの通りです。 ところが、最近のRIの動きを見ると、時代の変化、社会の変化に順応しようと努力している姿がうかがえます。それは2016年の規定審議会の定款および細則の変更に顕著に表れています。キーワードは柔軟化です。例会頻度、形式、出席の柔軟化。法人会員、家族会員、準会員の創設。オンラインでのEクラブの出現。ローターアクトの入会制度の創設などです。従来の重みのある制限的規則や慣行を重んじてきたロータリーの伝統からの脱皮ではないでしょうか。在籍年数の長い年配のロータリアンの方々からすれば、仰天ものかもしれません。 しかし、電子機器や移送手段の発達とともに世界が益々近くなり、一日が益々短くなって、誰もがより忙しく、より慌ただしくなりました。これにしたがい省力化、効率化、軽量化、柔軟化がより強く求められる時代になりました。加えて日本では高齢化やデフレ化などの社会的、経済的要因までもが加わって、旧来のままではロータリーの活動が思うようにいかなくなって来ているようです。そのせいか、わがクラブも一時80人台半ばを数えた会員が今や43人にまで減少しています。
このような「時代の変化への対応」というメルクマールを踏まえて、創立50周年にあたる今年度は改革に向けた第一歩を踏み出します。わがクラブの良き伝統は守り続け、時代に遅れてしまった部分は勇気をもって変えていきます。

第1に例会の中身の柔軟化、活性化をめざします。今より少し気軽にできる卓話の日を新たに作り、会員同士がクラブ行事の打ち合わせや情報交換、会話ができて親睦の深まる例会日を設けたいと思います。 第2に会員同士の親睦が深まる行事とメーキャップが取得できる行事を増やします。 例会以外にメーキャップが取れて、出席するのが楽しいクラブ行事を新たに作りたいと思います。

とにかく初めてのことですから、激変は避け、徐々に、ゆるやかに、皆様のご意見を伺いながら 50周年を機として大阪西北ロータリークラブが往年の輝きを取り戻せるように微力を尽くしたいと思います。
会員の皆様のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。