ホーム > 奉仕活動
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

奉仕活動

2021-08-31 | 佐賀・長崎豪雨災害<義援金拠出>

2021-07-06 | 静岡熱海豪雨災害<義援金拠出>

7月3日の豪雨により静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土石流による被害に関しまして
クラブより義援金を拠出いたしました

2020-10-24 | 体験授業 (大開小学校 和太鼓)

去る10月24日(土)福島区の大開小学校におきまして「体験授業」を開催しました。
当クラブの創立50周年記念として始まったこの事業も今回で5校目。福島区内に小学校は9つありますので折り返し点を迎えることとなります。
大開小学校は今年ちょうど創立100周年ということで、その記念式典に花を添える形での出し物をという学校側からのオーダーでしたので、今回も「蓮風」さんに「和太鼓」と「和楽器」による演奏をお願いしました。
「未来を担う子供たちに本物を「見て」「聞いて」実際に「体験して」もらおう」と言うコンセプトのもと行ってきたこの事業ですが、今回は式典の一部分と言うこともあり、またコロナ禍の影響もあるため、児童による「体験」はないプログラムとなりました。
区長をはじめ関係者の方々の挨拶などが中心の式典第1部が終わった後、第2部のオープニングとして15分ほどの演奏となりました。
厳粛な雰囲気の第1部の後でしたので子供たちも最初は反応が硬かったのですが、迫力ある「和太鼓」の音にみんなビックリした様子で、次第に会場は盛り上がり最後には拍手喝采となりました。
我々から見ればいつもと違うプログラムでやや毛色の違った感じの演奏とはなりましたが、短い時間ながら子供たちのウケも良く、これはこれでプレゼントをして良かったなと思えるイベントとなりました。

2020-06-11 | IM第5組共同事業 新型コロナ対策 緊急用テント 贈呈式に三宅会長が参加

大阪府庁におきまして国際ロータリー第2660地区IM第5組から 大阪府への緊急用テント4基の寄贈と、大阪府からの感謝状授与の式典が行われました。
大阪府が主催として、大阪府本館の正庁の間で『感謝状贈呈式』として開催頂きました。
IM第5組 から木越ガバナー補佐をはじめ、ガバナー補佐エレクト、各クラブからの代表出席とともに、2660地区四宮ガバナーや地区代表幹事、公共イメージ向上委員会委員長、副委員長もご同席頂きました。出席者のご紹介の後、寄付者代表として、四宮ガバナーから挨拶を申し上げた後、大阪府副知事からご挨拶の言葉を頂きました。木越ガバナー補佐から大阪府に対し、寄付品の目録を贈呈したのち、それに対する感謝状を大阪府から、IM5組に対して頂き、木越ガバナー補佐が受理するとともに謝辞を申し上げました。参加者全員での記念撮影を行い閉会となりました。
寄贈された緊急用テントは、本館正面玄関に4基共に設置披露され、大阪府の方、新聞社、テレビ局の取材撮影を受けておりました。即日大阪府からお礼のご連絡を頂きテントの配置に関してのご報告も頂戴致しました。
テレビ大阪のネットニュースに取り上げられた模様は、以下のサイトより見ることができます。
https://cdn.tv-osaka.co.jp/yasashii/news/?p=15655

2019-12-11 | 海老江西小学校「体験授業」~関西大学交響楽団~

2019年12月11日、当クラブの創立50周年記念事業である「体験授業」を福島区の海老江西小学校にて開催しました。
福島区内の9つある小学校を順に訪問して芸術・文化の専門家を派遣し、「体験」できる「授業」をプレゼントすることで子供たちに「本物」を体験してもらおう、と言うコンセプトのもと昨年より始まったこの事業は海老江西小学校で区内4校目の開催となります。今回は私井上の母校であり当時所属していた関西大学交響楽団の現役学生の皆さんの協力を得て、オーケストラによる訪問演奏会を開催することとなりました。

2019-11-29 | タイ国人工透析器プロジェクトの贈呈式に出席

写真の説明 (左上より)
1:バンコクから空路、南へ70分にある、ナコーンシータマラート空港での歓迎の様子
2:病院の講堂で、檀上から贈呈式の挨拶をする尾下会員
3:舞台前で、クロントイRCの面々と記念写真
4:山田長政の記念の石碑。
5:バンコクに戻って、クロントイRCの歓迎会
6:ソンブンさん経営のYellouRibbon・suiteの玄関
7:同じくYellouRibbon・Suiteのロビー
8:相変わらずのバンコクの渋滞

2018-10-20 | 「福島区民祭り」に初出店

「福島区民まつり」にブースを初出店。
日本赤十字と共同で AED普及活動と地域のお子様とのふれあい活動を実施。

2018-06-28 | タイ王国への人工透析器贈呈式出席 

事業内容:ナン病院(タイ王国ナン県)への人工透析器寄贈と腎臓病予防・治療に関する啓発セミナーの開催
「Rotary Global Grant#1759448(グローバル補助金事業)
出席者:尾下千明(会長エレクト)、勝亦良彰(規定・情報委員長)

2015-10-09 | タイ国 病院へ人工透析機寄贈 贈呈式出席

タイ国バンコク市ノッパラット・ラチャタニ病院 集中治療室(ICU)用「持続的腎代替療法(CRRT)機械」寄贈の贈呈式へ 瀨田川会長、勝亦国際奉仕委員長、菅原会員が出席

2014-05-20 | 創立45周年記念事業の一環として福島区の災害時収容避難所に「ソーラー防災ライト」を寄贈。福島区役所で贈呈式を行う。

2013-04-19 | GSEハンブルグチームお職業研修担当クラブとして、美馬会員、平林会員の会社で研修を実施。

2013-03-27 | タイ国クロムトイRC(3350地区)訪問、WCS事業として病院への人口透析機寄贈、小学校慰問。

2012-05-06 | タイ国際大会に於いて病院へ寄贈した人口透析機の贈呈式

2012年5月6日~2012年5月9日 タイ国際大会に於いて病院へ寄贈した人口透析機の贈呈式

2010-03-22 | WCS活動としてプーケット(タイ)の病院へ人口透析機の寄贈

2009-12-14 | 「すずらんの園」通所生の作品販売を支援しました。

2009-10-02 | インフルエンザ対策として福島区の6保育所・1幼稚園に消毒液、ハンドクリームを贈呈。

2009-09-06 | 池谷前会長 産経新聞に紹介される。

2009-06-01 | 40周年記念事業&WCS事業

40周年記念事業として、福島区内の3中学校にヒートアイランド現象への対応と学校環境の改善及び子供達への環境教育も兼ねて「ドライミスト装置」を寄贈。
同じく周年事業&WCS事業としてタイの病院に人口透析機を寄贈。

2008-06-01 | 中国地震義援金、ミャンマーサイクロン義援金を拠出。

2007-04-01 | 能登半島地震災害義援金を拠出。

2005-06-01 | WCS事業として北別府RCと協同で、タイ・AMNATCHAROEN地区小学校にパソコン教室を寄贈。

2005-05-01 | 福島区老人クラブ連合会(10地域)25クラブの皆様に「笑い」一時を提供すべく、「地域老人福祉の上方演芸会」を開催。

2004-06-01 | 35周年記念事業として福島区の全小学校及び幼稚園、警察に寄贈

35周年記念事業として、福島区の全小学校及び幼稚園に暴漢撃退用の「刺す股」を各校2本。
また、福島警察に車上狙い防止用の「センサーライト」24ヶを寄贈。

2004-02-01 | WCS事業として、タイ・AMNATCHAROEN地区小学校図書館を寄贈。

2000-11-01 | 鳥取県西部地震への災害援助として義援金を拠出。

1999-11-01 | 台湾大地震げの緊急援助として義援金を拠出。

1999-09-01 | トルコ大地震げの緊急援助として義援金を拠出。

1999-08-01 | 30周年記念事業として、『すずらんの園』に金一封を寄贈。

1999-06-01 | 姉妹クラブのゴストフォードRCが計画したフィリピンへの寄付事業に参画。

1998-03-01 | WCS活動の一環としてバングラディッシュにシェルターを設立する計画に賛同し、500米ドルを寄贈。

1997-01-01 | 地区ロータリーアクトクラブの海外物資支援活動に協力し、算盤10本を寄贈。

1995-11-01 | ケアハウス『太陽の家』設立に協力し、募金を寄贈。

阪神大震災による孤児・遺児のためのケアハウス『太陽の家』設立に協力し、募金を寄贈。

1995-06-01 | 福島区に区の花『のだふじ』のモニュメントを寄贈。

1995-06-01 | 阪神大震災後、仮設住宅に住むお年寄りに米を贈る

『3 RICE KOBE』の活動に協力すると共に義援金を寄贈。

1994-01-20 | オーストラリア火災に伴い見舞金として5千ドルを贈る。

1992-12-01 | 梅本記念救ライ奉仕団に50万円を寄付する。

1992-03-10 | 梅本記念救ライ奉仕団に24万6千円を寄付する。

1989-10-07 | サンフランシスコ地震災害義援金協力する。

1989-10-02 | 梅本記念救ライ奉仕団に20万円を寄付する。

1985-07-01 | 姉妹クラブとの間で『学生交換』を実施す

姉妹クラブとの間で『学生交換』を実施する。以後、毎年1~2名の学生交換を実施し続けている。

1983-10-25 | 此花、福島区の『社会を明るくする運動』に参加する。

1981-01-27 | 福島区福祉作業センター『すずらんの園』が完成。

古市修次会員の多額の寄付により、福島区福祉作業センター『すずらんの園』が完成。

1979-01-01 | クリーン梅田キャンペーンの奉仕活動を実施。

1973-11-27 | 『愛の月間』中央大会に盲学校の生徒を招待する。

1971-12-24 | 福島地区の保育園慰問

福島地区の保育園慰問。子供達にクリスマスプレゼントを贈る。
以後、現在も毎年12月に慰問訪問とクリスマスプレゼントを贈り続けている。

1971-05-07 | 昭和山植樹式(港の見える丘)に4万円寄贈